第22回骨盤外科機能温存研究会 演題募集について

02.09

このたび、第22回骨盤外科機能温存研究会を2012年6月23日(土)に東京慈恵会医科大学で開催させていただくことになりました。伝統ある本会をお世話させていただくことになり、大変光栄に存じます。

本会は骨盤内臓器を取り扱う外科系・産婦人科系・泌尿器科系の医師が一同に会して診断・保存的治療・手術方法・再建法・手術成績・術後合併症などについてそれぞれの立場から活発に発表・討論を行う会です。日常生活のQOL(排泄・排尿・生殖)に大きくかかわる骨盤内諸臓器の手術、機能温存および再建に関する基礎的臨床的な事項を取り上げ、この分野における医学・医療技術の発展を身近に学ぶことができます。東日本大震災の影響がいまだに残っていますが、行政・経済界の連携と努力により少しづつではあっても着実に復興を遂げています。このような状況下ですが、医療を必要とする患者さんは持ってはくれません。本研究会で新しい知識を学び、患者さんに還元するためにも是非多くの施設から多数の皆様の参加して下さることを期待しています。

東京慈恵会医科大学 産婦人科

教授 落合 和徳

日時 2012年6月23日(土曜)

(予定スケジュール)

9:00-9:45 幹事会

9:45-10:30 世話人会

10:45-16:00 研究会

16:30-18:30 懇親会

会場 東京慈恵会医科大学大学1号館3階講堂

【演題登録について】

◆演題登録募集期間:2012年3月2日(金曜)

◆抄録作成要領

抄録にはタイトル、演者所属機関名、演者名を入れ、抄録本文を含めA4用紙一枚以内で作成して下さい。

使用フォントは12ポイントMS明朝、MSP明朝を使用して下さい。

ご登録されたデータをそのまま使用しますので、ミスタイプなどには十分ご注意ください。

◆抄録送付先

作成された抄録は下記のE-mailアドレスまで必ずメール添付にてお送りください。

郵送、FAXでは受付できません。

E-mailのタイトルには「第22回骨盤外科機能温存研究会演題」と記入して下さい。またメール本文には演題に関する連絡先(所属、住所、氏名、電話番号、E-mailアドレス)を必ず記載して下さい。

送付先 arai-hiroko@jikei.ac.jp

◆お問い合わせ先

第22回骨盤外科機能温存研究会 運営事務局

担当 山田恭輔 (事務局長 東京慈恵会医科大学産婦人科 准教授)

〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8 TEL 03-3433-1111, FAX 03-3433-1219

関連お知らせ

ログイン



ページ上部へ戻る